あるいてゆこう

歩くのが好き。ゆっくりが好き。マイペースにあるいてゆこう

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月20日(日)

■朝4:10■
利尻岳(標高1,742m)の頂上を目指し登山口を出発しました。

まだ、薄暗い朝。
なんだか、空はどんより雲。

同じように利尻岳に登ろうとしているパーティが何組もいました。

今回の登山メンバーは、

  利尻岳は8回目という利尻大好きなおっと。
  フェリーで偶然会った学生時代からのお友達、Yちゃん。
  素敵な写真を撮るお友達のだんなさんのSさん。
  お友達夫婦の山仲間で植物に詳しいTさん。
  利尻岳は4回目と経験はあるけど、体力のないわたし、の5名。


整備されたゆるやかな登山道を登ると、
日本名水百選に選ばれた「利尻甘露泉水」に到着。

この先、水場はありません。
私は、のどがすぐに乾いてしまうので、
日帰り登山のときは、1.5L(500ml×3本)持つようにしています。

ペットボトルに水をくんで、さあ!出発

    余談ですが、最近のお気に入りは、ボルヴィックのフルーツキス
    少しレモンの味がしてさわやかなんです!
    


■5:10■ 5合目
登山道は、5合目を過ぎるまで、単調です。


6合目を過ぎると、視界が開けてきて、
岩のごつごつした道になります。
六合目雲海


7合目から8合目は、けっこうキツイ!

このあたりで、出会った花たち。
(名前に自信のないものもありますので、誤りがあったら指摘してください絵
ノコギリソウ
ノコギリソウ(キク科)

ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科)

クルマユリ・ユリ科
クルマユリ(ユリ科)

チシマフウロ・フウロソウ科
チシマフウロ(フウロソウ科)

エゾミソガワソウ・シソ科
エゾミソガワソウ(シソ科)

利尻の花
オトギリソウ??

ナワシロイチゴ?
ナワシロイチゴ??


■6:30■
8合目(長官山)にやっとのことで、到着。
ここから見える利尻岳が美しいんです。

8合目からの利尻頂上


でも、頂上は遠いんです。。。
頂上が見えるのに、ここから2時間くらいかかります。


■7:20■

避難小屋のわきを通って、9合目を目指します。
利尻岳は、8合目からがキツイんです!!(7~8合目もツライけど)

利尻お花畑
このあたりも花がたくさん。

ミヤマアズマギク
ミヤマアズマギク(キク科)

リシリヒナゲシ・ケシ科
リシリヒナゲシ(ケシ科)


9合目の看板には、「ここからが正念場」と書いてありました。

登山道は崩壊が進んでいて、一歩一歩進んでも、
ズルズル・・・と後ろに下がってしまいます。

本当に、ここは正念場。

一歩一歩進めば、頂上に着くことを信じて登ります。

■8:20■ 沓形コース分岐

エゾツツジ・ツツジ科
エゾツツジ(ツツジ科)

崖に咲くイワギキョウ
イワギキョウ(キキョウ科)

エゾイブキトラノオ・タデ科
エゾイブキトラノオ(タデ科)
たくさんの花が、迎えてくれます。


■8:45■
頂上に到着!

利尻ピーク

頂上から
8合目の長官山と、避難小屋がみえます。

ピークから海
海と港も見えました。

15:30に沓形港を出るフェリーで礼文島に向うために、
次の日も利尻島でゆっくりするTさんとは頂上でお別れ。

■9:15■ 山頂出発
4人は、一気に下りました。

■10:15■ 9合目

■11:25■ 7合目

■11:47■ 6合目

■12:06■ 5合目

■12:56■ 甘露泉水
ヒザがガクガク笑っていましたが、なんとか無事に甘露泉水に到着。
甘露泉水1
甘露泉水2

冷たい水がおいしいです。
空っぽになったペットボトルにまた水をくみなおしました。


登山口では、「携帯トイレ」に関する調査を行っていて、
アンケートに答えました。



バスの時間がせまっていたので、
タクシーをお願いして、利尻富士温泉まで。

バスに乗って、沓形港のフェリー乗り場に向かいました。

途中、利尻岳がとてもきれいに見えました。
バスから利尻

ハートランドフェリー
無事に沓形港15:30発の礼文行きのフェリーに乗りました。


礼文島香深港で、お友達夫婦とはお別れ。

私たちは、香深井にある緑ヶ丘キャンプ場へ向いました。



はじめの予定では、利尻岳を登った日は、利尻に泊まって、
次の日に礼文島に渡る予定でしたが、
Yちゃんたちに会って、朝早く登り始めたので、
予定よりも一日早く礼文島に渡ることができました。


次の日は、礼文島の8時間コースです。


■利尻岳の携帯トイレについて■

利尻岳は、携帯トイレの使用を推奨しています。

携帯トイレブースが、登山道に5箇所(鴛泊コースは3箇所)設置されています。
利尻岳の携帯トイレについて

トイレブース

今回、携帯トイレを持っていなかったため、
途中でトイレに行きたくなりましたが、
登山口まで我慢しました。

携帯トイレを持ち歩くことに抵抗があるかもしれませんが、
山の自然を守るためには、携帯トイレを使用することは、
大切なことだと思います。

利尻岳が携帯トイレのブースを設置していることと、
携帯トイレがどこで購入できるのかなどの情報を知っていたら、
持っていったのですが、情報収集不足でした。

これからは、他の山でもどんどん普及すると思うので、
次回の登山では、使ってみようと思いました。




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowwalk625.blog52.fc2.com/tb.php/281-13e21ea1

MOON

Author:MOON
北海道で暮らしています。
でも、寒いのが苦手です。
旅行と山歩きと散歩が好きです。
おいしいものを食べることも好き。
2010年長男出産。
2015年次男出産。
最近は、のんびりペースで子どもとの日々をつづっています。

 

All About COCOMO



All About スタイルストア
All Aboutスタイルストア

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。