あるいてゆこう

歩くのが好き。ゆっくりが好き。マイペースにあるいてゆこう

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
益子日記(その2)です。


益子は陶器のお店がたくさんあります。
何軒かめぐってきましたので、メモ程度に・・・

 スターネット

スターネット建物スターネット玄関

数年前に一度訪れました。
こちらのお店を知ったのは、↓の本。どこかの雑貨屋さんでこの本を手に取りました。
ひかりのはこ―スターネットの四季ひかりのはこ―スターネットの四季
(2006/04)
渡辺 尚子

商品詳細を見る

パラパラっとめくって、写真にひかれて、図書館で借りて読んだのがきっかけです。


額賀章夫 陶展 を開催していました。
茨城の笠間に陶房をもつ作家さん。


この↓本を読んだら紹介されていました。
器と暮らす器と暮らす
(2005/10)
中川 ちえ

商品詳細を見る


陶器の他にオリジナルの服や布や雑貨も販売しています。
こだわりの食料品も売っています。



陶庫

陶庫陶庫の看板

喜多里加展の万華鏡がとても美しかったです。

雑貨店とカフェも併設しています。




もえぎ
ギャラリーもえぎ 城内坂店
陶庫さんの向いのお店。

田尾明子さんという作家さんの展示会でした。
贈り物に1枚お皿を購入。
母は、大きめのマグカップを買っていました。


本店も行ってみたいな。












日下田藍染工房


陶庫さんのお隣。

こちらは陶芸ではなく藍染。

藍染工房藍染作業場
母(父も?)は藍染をする人なので、楽しそうでした。

藍染工房の作品藍染工房の建物
200年以上歴史のある工房なんだそうです。
建物は県指定の文化財にもなっています。

益子観光協会の日下田藍染工房のページ



スポンサーサイト
茨城のお隣の栃木にある陶芸の町、益子へドライブに行きました。

益子焼の益子です。
車で1時間ちょっとで着くくらいの距離です。
最近は、益子焼を札幌でもよく見かけます。
ほっこりやさしい感じのする陶器です。

まずは、益子のおいしいものたちを紹介します!


母と妹リコメンドのパン屋さんに連れて行ってもらいました。

pain de musha  musha (パン ド ムシャムシャ)

パンドムシャムシャ1パンドムシャムシャ2

森の中の1軒屋。
私たちが小さな頃に住んでいた家に似ているそうです。母曰く。


ムシャムシャ並んだパン1ムシャムシャ並んだパン2

ケースの中のパンの写真を撮らせてもらいました。
ほぼ全種類を買ったような気がします。

店内はおいしそうなパンの香りでいっぱいです!


むしゃむしゃパン
自宅にて。袋に入ったままで失礼します。
次の日、尾瀬に持って行きました。

ムシャムシャ入り口ムシャムシャ看板ムシャムシャカフェスペース 


パンドムシャムシャ

  ☆pain de musha  musha (パン ド ムシャムシャ)

   栃木県芳賀郡益子町益子4135
   TEL  0285-72-7874
     10:00-18:00
     月・火曜 定休日




ランチは、ノートルダムというフレンチレストランへ。
(チェックしていたお店は予約でいっぱいでした。ノートルダムは行く直前に予約しました。)


益子の街からは少し離れた丘の上にあります。


建物は、瓦屋根の日本家屋。
入り口からフレンチの世界へ。

瓦屋根のフレンチノートルダム玄関

ランチ限定の2100円のコースを注文。
他に、3,150円、5,250円、7,350円のコースがあります。


ノートルダムランチのはじまり

はじめのブルスケッタ

さつまいものスープ
あまーいスープ。
さつまいもはめずらしいかな。

パンはふっくら
天然酵母の自家製パン。
もちろんおかわりしました。

おおきなサーモンのソテー
太っ腹なソテー
ボリュームあります。
北海道産の鮭です。いくらものってて、北海道料理ですね!

フルーツいっぱいのパンナコッタ
デザートが大きい!
たっぷりのフルーツの下にパンナコッタです。

食後のコーヒー
食後はコーヒーを。
小さなお菓子もつきます。チョコとクッキーでした。

ハーブティもいいね
妹の頼んだハーブティ。
お庭で育てた自家製ハーブを使ったハーブティでした。


      ★ノートルダム

  栃木県芳賀郡益子町大平字母塚124-1
    TEL 0285-72-7936
    11:30~14:00、17:30~21:00 

安達太良山に登った日は、小町温泉に宿泊しました。
(宿詳細は後ほど~)

次の日は、あぶくま洞を見学してから郡山へ。
レンタカーを返し、水郡線に飛び乗りました。

11:59発の電車を逃すと、2時間くらいありません。
あぶくま洞で思いのほか時間を使ってしまい、時間ぎりぎりになってしまいました。
ギリギリセーフ。乗れてよかった~

水郡線に乗って  水戸へ向かいます

水戸と郡山を結ぶローカル線。
2両編成。
前の車両からしか降りることができないワンマン列車です。

水郡線の車窓から1



水郡線の車窓から2




のどかな景色が広がっています。

茨城県に入ると、奥久慈川沿いを走ります。


常陸大子駅で乗り換えます。
4分しか時間はありません。みんな向かいのホームにダッシュ!

私は・・・・予約しておいたシャモ弁当を受け取ってから乗り込みました。

玉屋旅館シャモ弁当 ボリューム満点シャモ弁当

玉屋旅館のシャモ弁当950円です。

こちらのお弁当については母から情報をもらいました。
駅の向かいの旅館ですが、予約すると、駅のホームまでお弁当を届けてくれます。
電車の時間と名前だけ伝えて予約しておきました。

ごはんがぎっしり!食べ切れませんでした。
シャモもたっぷりです。
甘辛いごぼうと、甘いたまごとの相性がいいですね。

ごちそうさまでした。
水郡線に乗る機会がある方にはおすすめです。


のんびり景色を眺めながらの列車の旅はいいものですね。満足満足。


出発してから4日目にようやく水戸に到着しました。

実家に帰ったら、家の家具が手作りされていて驚きました。

あと、父が第九の練習をしていました。
年末に歌うそうです。多趣味だな~



福島で泊まった安宿は後で紹介します。
福島駅前でレンタカーを借りました。フェリー→バス→電車の次は車で移動です。


福島県にある日本百名山のひとつ、安達太良山に登りました。

 前日、福島市内の本屋で、磐梯山と安達太良山の地図の付いた本を買いました。
 どっちにしようか?と考えた結果、磐梯山に登る予定にしましたが、
 移動の疲れか・・・朝起きられず、
 福島から近い安達太良山に登ることにしました。


コチラ↓の山と高原地図が欲しかったのですが、残念ながら売り切れていました。
磐梯・吾妻安達太良 2009年版 (山と高原地図 11)磐梯・吾妻安達太良 2009年版 (山と高原地図 11)
(2009/01)


商品詳細を見る



ゴンドラを使って、びゅーんと一気に上まで。


飛行機雲が見えた




意外にも!?紅葉がキレイでした。
北海道の山が紅葉の時期だったので、本州はまだ早いかと思っていましたが、
色づいていました。

ゴンドラの山頂駅からは、約1時間半ほどで頂上に着くことができます。

安達太良山   安達太良山山頂

山頂は、大混雑。
こんなに人がいる山頂は富士山以来かな~。

小さなお子様から中高年の方まで、気軽に楽しめる山です。

たくさんの人が、それぞれの仲間と楽しく過ごしているようでした。


帰りは、違うルートを下ります。

沼の平

 沼の平は、有毒ガスが発生しているので、立ち入り禁止です。


秋の雲。

秋雲1

 

秋雲2

 

いろいろルートがありますが、くろがね小屋を経由して、奥岳登山口へ下るルートにしました。

頂上からくろがね小屋までは約1時間。

くろがね小屋への分岐 くろがね小屋


ヤマノリンドウ ナナカマド

秋の花と、秋の実。

ほどよい疲れで、気持ちよかったです。




下山後、 温泉宿に向かいました。

途中の棚田の景色。

収穫間近の稲




収穫はもうすぐです。
おいしいお米できたかな?

福島は精米スタンドがたくさんありました。
北海道ではあまり気づきませんでしたが、身近なものなんですね。

長旅から帰ってきました~。

盛りだくさんな旅行だったので、振り返るのに時間がかかりそうです。
いや~、楽しい休日でした。しみじみ。


出発したのは、9月19日24:00
苫小牧発八戸行きのフェリーです。

仙台行きに乗りたかったのですが、手配したのが遅くて満席(満室?)でした。
八戸行きは、エコノミールーム(=雑魚寝部屋)だけ空いていました。

      八戸行きのエコノミールーム

八戸港には7:30に到着。
バスに乗って、本八戸駅へ。

本八戸駅高速バス乗り場仙台行き高速バス



駅のパン屋さんで軽く朝食をとってから、仙台行きの高速バスに乗りました。

  高速バスの予約は、発車オ~ライネットを利用しました。
  大阪にいたときは、水戸の実家に帰るのに、よく“よかっぺ水戸号”という夜行バスを
  利用していました。
  夜行バスでは、首枕と耳栓が必需品です。
  今回は昼間便なので、持っていきませんでしたが。

仙台には、13:30過ぎに到着。
まだここも通過点。

仙台と言ったら・・・牛タン!

だんなさんおススメの牛タン定食を食べに行きました。
(前職の出張で仙台に来たら、よく寄っていたそうです)

真助というお店です。

小さな店なので並びました。
牛タン定食を注文。

牛タン定食


牛タン
分厚いタンでした。
こんなにしっかりした牛タンは初めてです。

テールスープ麦ごはん
牛タンには、テールスープと麦ごはんが定番なんだそうですね。

ごちそうさまでした。


もうひとつ、仙台と言ったら・・・「萩の月」

仙台駅で、萩の月6つ入りを購入。
1つずつ食べてあとはおみやげにしようという計画でしたが・・・・
おみやげにはなりませんでした。。。

萩の月の箱ふんわり萩の月

相変わらずの過剰包装ですが、たまごの香りがしてふわふわです。
 
  包まれて やっぱりおいしい 萩の月

まったくセンスがありません。。。



仙台駅からJR東北本線で福島駅へ。

   福島行き


この日の宿泊地の福島には4時半前に到着しました。
朝から移動して(・・・深夜からですが~)、すっかり夕方。長い移動でした。


旅は始まったばかりです。
気長に書いていきます。


シルバーウィークです。

私はなんと!9連休。


実家のある茨城に帰省します。


交通手段は、フェリーと高速バスとJRです。
どんな旅になるかな~。楽しみ。


来週の日曜日に帰ってきますので、更新はそのあとになります。

では、行ってきます!

古本を求めて、麻生のブックオフまでサイクリング。
札幌市内のブックオフに電話をかけてしまいました。

  探していたのは、ねじまき鳥クロニクル(←amazonのリンクですが)3部作。
  我が家は今、ちょっぴり村上春樹ブームです。
  私は、1Q84の前に、神の子どもたちはみな踊る(←ブックオフオンライン)を読んでるところです。
 


北区に行ったので、北区のお店へ。
前は北の沢にあったベーグル屋さんです。
今年北区に移動しました。

ベーグルと料理のお店nesco(ネスコ)

こちらの本に紹介されています。(以前の店舗ですが)
北海道、私たちの旅 パン屋さんに会いに行く北海道、私たちの旅 パン屋さんに会いに行く
(2008/09)
クナウマガジン

商品詳細を見る

店長のベーグルの作り方も載っていて作ってみたいなと思っていました。


前はベーグルのメニューだけだったようですが、
今は、パスタやリゾットのメニューもあり、どれにしようか迷ってしまいます。


私は、ベーグルボールのアボカドと自家製パンチェッタ。
アボカドのベーグルボールベーグルボールのアップ

こちらは、ぺペロンチーノ。
ぺペロンチーノセットのスープはミネストローネ
プラス500円で、ドリンク・スープ・サラダ・プチデザート・ベーグルトーストがセットになります。
サラダとベーグルトーストプチデザートはアイスとタルト
プチデザートは、バニラアイスとリンゴのタルト。


私は・・・・食後にスイーツ系ベーグルを注文。
ベーグルのフレンチトーストnescoブレンド
りんごとはちみつのフレンチトースト(ベーグルです)
コレ、おいしいです!
また食べたい~
ランチ食べた後でも、ぺロッと食べました。
ベーグルのフレンチトーストは初めて食べました。
おうちでもこの組み合わせで作ってみたいです。

珈琲をセットにしてもらいました。
ランチとセットでプラス200円です。
nescoブレンド さっぱりマイルド
店内においてあるレトロなミルで豆を挽いて淹れてくれました。

オーガニックコーヒーは、二十四軒の珈和堂さん
気になっているけどまだ行ってない豆屋さん。
円山のブラウンブックスカフェもここの豆だったはず。


ネスコ店内1ネスコ店内2

店内は古い家屋をリノベーション。
のんびり読書が似合う店です。

ランチの時間(11:00 -17:00)なら、フードメニューはすべてセットにできるそうです。
セット内容を変えることで、食べるボリュームを調節できるのがうれしいですね。
ドリンク、スープ、サラダ、ベーグルトースト、プチデザートから選べます。
全部プラスしても500円です!


残念ながらベーグルの持ち帰りはないそうです。
ベーグルサンドならお持ち帰り可能です、とのこと。

ネスコネスコの看板



 ★ベーグルと料理のお店nesco (ネスコ)
  札幌市北区北23条西2丁目2-26
   TEL  011-737-1115
    11:00~23:00
    定休日:無休


秋晴れの休日。
午後から天気が崩れるという予報だったので、近場で自然散策。

野幌森林公園へ。

だんなさんは、フクロウに会えるというウワサを聞きカメラと三脚を持って。

私は、なんちゃってトレイルランをしてみようと思い、走る格好で。


大沢口

いくつか散策コースがありました。

歩いている人、自転車(マウンテンバイク)に乗る人、走る人。
いろいろな人が原始林を楽しんでいました。

札幌からすぐだけど、遠くの山に来たような気分。
緑に囲まれて気持ちいい!

野幌散策1野幌散策2昭和の森のカツラ


野幌森林公園MAP


野幌森林公園遊歩道マップ


もみじコースもあるので、秋の紅葉時期にまた来たいです。
次は、ぜひ走りたいな。
(今回は、ほとんど歩きました)


情報メモ
大沢口近くの野幌森林公園自然ふれあい交流館

道立自然公園野幌森林公園(北海道庁のページ)




おととし、野幌森林公園の原始林クロスカントリー大会に出ました。
トレイル(山道)を10km走る大会でした。アップダウンがあってつらかったな。

冬はクロスカントリーを楽しむことができるようです。

フクロウにはいつ会えるかな??


最近のちょっとお気に入り。
高速を使って出かけたときに立ち寄るパターンが2回ほどありました。

独多日と書いて、ひとりたびと読みます。


山小屋風の建物の洋食屋さんです。

メニューが多くて迷います。
どれもリーズナブルなのがうれしいです。
そして、コーヒーは自家焙煎。でも安いんです。

店内は漫画がたくさん置いてあります。
漫画喫茶のようです。

店内は漫画や雑誌を読みながらくつろぐ人がたくさん。

独多日店内2独多日店内1


私は独多日風ハンバーグを注文。

独多日風ハンバーグ

やわらかいハンバーグ。
付け合せは、たまごとインゲンとコーンとポテト。サラダも付きます。
このボリュームで、800円くらい。(正確な値段は忘れました~)


ハンバーグのアップ



北海道情報誌HOの「愛しのB級グルメ」という特集のトップを飾ったそうです。
バックナンバーから試読できます。
⇒⇒HO2009.3月号Vol.22

ビーフリヨネーズという料理が人気のようです。
次回は、ぜひ食べてみたい!

高速の札幌北I.C.の近くなので、高速を使って出かけるときにまた利用すると思います。
・・・ビーフリヨネーズが食べたいので。

駐車場は、お店からは少し離れていますが、4台ほどのスペースがあります。


独多日独多日入り口



  ★独多日(ヒトリタビ) by 食べログ
   札幌市北区北35西5-2-43
    TEL 011-757-6793
     10:30~22:00(LO21:30)
      月曜定休
      駐車場 4台
      地下鉄南北線北34条駅から徒歩5分


南極料理人を観てきました!
楽しみにしていた映画です。
南極の話だし、料理(飯島奈美さん)の話だし、堺雅人さんだし、札幌在住の方が原作だし・・・
楽しみにしていた要素がたくさんの映画です。

南極料理人




舞台は、南極ドームふじ基地。
日本からは14,000kmも離れた場所です。

隊員は、8名しかいないそうです。

それがまた個性的なメンバー。


大きな事件は起きませんが、それがまた心地良い映画でした。

ちょっぴりネタバレあり?で続きます。




⇒⇒⇒続きを読む

日曜の朝3時半起床、4時に出発して富良野岳へ向いました。
ネムイネムイ。

マラソンの練習で夏が終わってしまったような気がして・・・
ひとつも夏山に登っていなかったので、山に行きたかったのです。

一般的な十勝岳温泉から登るコースではなく、今回は原始が原コースへ。
私は一般的なコースも登ったことないのですが・・・・



富良野岳の登山届

入山届に記入。


他にまだ誰も登っていませんでした。

7時半登山口を出発。




滝コースと林間コースの分岐

林間コースと滝コースにわかれます。

林間コースのほうが早く登れますが、
滝コースのほうがおもしろそうなので滝を選択。

この分かれ道の選択が思わぬ方向へ・・・





沢沿いをずーっと歩きます。
岩は滑ります。
慎重に気を張っていかないと転びそう。
ペイントあるけれど


赤いペイントやビニルテープの目印(デポ)を頼りに進みますが、
途中で見失うことも。

道っぽいけど・・・
なんか違う。
こっちかな、そっちかな?
熊がコワイな。

不安ながらもアドベンチャーコースにワクワクもしました。






滝があります。
大きな滝。
暑い時期はもっと気持ちいいのでしょう。

不動の滝



初めに出会う不動の滝。



蒼天の滝



蒼天の滝




苔たっぷり


湿っているので苔がたくさんで屋久島みたい!



渡渉があります。

まずは、丸太2本タイプ。
はじめの渡渉(丸太2本)
これでも腰がひけていましたが、まだまだ序の口。


次はこれ。
2番目の渡渉(丸太1本)
まだ手すりがあってよかった。


そして、一番こわかったのはコレ。
3番目の渡渉(丸太だけ)
木はすべるし、つかむ所はないし、下は急な流れ・・・・

最後は、丸太が折れてた~
どこを渡るんだ???
4つ目の渡渉は丸太なし・・・
渡らないと進めないので、水に浸かりながら渡渉。
ゴアテックスの登山靴は優秀で浸水しませんでした。

原始ヶ原へという看板
やっと看板が。沢を離れることができる!


やっとのことで辿りついたのが、原始が原。
コースタイムは3時間と地図にはありましたが、4時間以上かかっていました。


原始ヶ原

富良野岳は残念ながら見えませんでした。

湿原には、植生を踏まないように木道がついていることが多いのですが、
原始ヶ原には木道が一切ありません。
でも、湿原はしっかり水気がありました。
それだけ人が入っていないところなんですね。

原始ヶ原の看板
 

北海道にまだこんな湿原があったとは驚きました。
4時間かけてやっと辿り着いた幻想的な景色に感動しました。


時間がかかってしまったので、(体力的にも沢歩きで疲れていたので)
今回は富良野岳ピークには行かずに五反沼方面へ行こうとしましたが・・・
五反沼への道は険しく
ササが生い茂って前に進めず断念。

林間コースを戻ることにしました。


広原の滝
広原の滝

天使の泉
天使の泉

おいしい水を一口いただき、水分補給。



出会った植物1出会った植物2


林間コースのくだりはあっという間でした。
次回はぜひ富良野岳ピークに行きたいです!


Platypus(プラティパス) ホーサー2.0L 25025 25025Platypus(プラティパス) ホーサー2.0L 25025 25025
()
Platypus(プラティパス)

商品詳細を見る

今回は、Platypus(プラティパス)のハイドレーションに大変お世話になりました。

これは便利!
手ばなせなくなりそうです。

今さらながら・・・「はじめまして」の自己紹介です。
(いろんな方のブログを訪問して、いつかはこの記事を書きたい!と思っていました)


ブログへのご訪問ありがとうございます。

“あるいてゆこう”のMOONと申します。



昔から“歩くこと”が好きでした。


幼い頃の家族旅行といえば、尾瀬や日光のハイキング。

高校では、80kmくらいを2日かけて歩く、学校行事がありました。
この行事が修学旅行の代わりでした。
2005年の本屋大賞である恩田陸さんの「夜のピクニック」の題材にもなっている行事です。


札幌で過ごした大学時代は、山登りをメインに活動するサークルで、
北海道中を歩き回りました。


旅行も大好きです。

国内も海外も。

国内旅行の思い出は、
北海道、沖縄、屋久島、四国、東北、京都、などなど。

海外の思い出は、
東南アジア、ネパール、ペルー、中国(雲南省)、台湾、シリア&ヨルダン、ニュージーランドなどなど。
バックパック1つであちこち歩き回るのが好きでした。
海外旅行の半分は、一人旅です。

ちょっと、変わった?ところを旅するのが好きです。



今は、北海道の札幌で生活しています。

札幌の街を散歩するのも大好きです。

行き当たりばったりの中で偶然出会うものにワクワクします。
人、店、モノ、おいしいものなど!

“歩くこと”で出会える世界が大好きです。
人間の2本の足は、ものすごいパワーを秘めているなぁと思います。

だから、ブログのタイトルは「あるいてゆこう」です。


“歩くこと”に加えて、3年前から“走ること”も趣味のひとつになりました。
雪のない時期限定の趣味ですが。

初めてのフルマラソンは、那覇のNAHAマラソン。
あこがれの北海道マラソンも完走することができました。

フルマラソンを走ったと言っても、のんびりペースです。
ストイックな練習はしていません。
いつでも、まずは完走することが目標!
その次に、達成できたらいいなというタイムを思い浮かべています。

走ることを“楽しむ”のが目的です。



このブログは、まとまりのないテーマと、表現力の乏しい日記の集まりですが、
気長にお付き合いくださるとうれしいです。


MOON

  茨城県水戸市生まれ
  高校卒業まで水戸で過ごす。
  6年間の学生時代を札幌で過ごす。
  就職して、大阪へ。
  5年間過ごした大阪を離れ、再び札幌へ。そして結婚。
  札幌在住。



好きなこと
  旅行、山登り、食べ歩き、町歩き、パン屋めぐり、マラソン大会に出ること、
  近所の銭湯、温泉、映画鑑賞




ブログはマイペースに更新しています。
日付通りに更新していることが少ないので、日付はあまり気にしないでください。
お気軽にコメント・トラックバックしてください。

中島公園近くのカフェです。

北海道マラソンの受付をしに行ったときに立ち寄りました。

カフェ・キャトレール (CAFE QUATRE-L)



トマトパスタとニョッキを注文。
キャトレールのトマトパスタ

キャトレールのニョッキ

パンがつきます。
大好きなチャッピーパンです。
狸小路とキャトレールで買うことができます。
もっちもちのベーグル。コショウとチーズのベーグルでした。

お一人で切り盛りしているので、食事はゆっくり出てきますが、
店内はジャズが流れていて、本や雑誌がたくさん置いてあるのでのーんびり待ちました。

大きなスピーカーからはJAZZ

タンスのように大きなスピーカー。

大好きなビルエヴァンスでした。


フラウは、読書(本&漫画)特集。
読書の秋ですね。




コーヒーも飲みたかったのですが、あまり時間がなかったので食事のみにしました。
次回は、お茶タイムに利用したいです。


カフェキャトレール

 ★カフェ・キャトレール (CAFE QUATRE-L)by食べログ★
   札幌市中央区南11条西1丁目5-23
   キャトレール中島公園
    TEL 011-532-0285

    平日:11時~20時
    日曜、祝日:11時~18時
    
    月曜定休
   
    キャトレール店長さんのブログ

  チャッピーパンの販売は、木・金・土です。


マラソンネタが続きましたが・・・今回のマラソンのごほうびでとりあえず完結!


走る前から決めてました。

「完走したら、パフェを食べる!」
「ずーっと行きたかったオガナのパフェを食べる!」

パフェよりケーキ派なんですが、ここのパフェは特別なはず、と思っていました。

なぜなら、ogana(オガナ)は、大好きなケーキ屋であるチェリーメリーと
同じ経営と聞いていたので。
チェリーメリーは、学生時代の思い出の場所です。
大学の側にあったので、授業の空き時間などに、よーく友達と一緒に行きました。
ケーキも好きだけど、ここのパフェも好きでした。



場所は、円山西町の住宅街。
とても分かりづらい場所にあります。

知っている人しかカフェだとは分からない建物です。
オガナの建物

入り口は1階で、階段を降りていきます。不思議な建物。
階段を降りていきます


一面のガラス張りの明るい店内。
緑いっぱいの景色を眺めることができます。

パフェは、ベリー、ショコラ、黒ゴマ、キャラメルの4種類でした。

私はベリー。チョコ好きのだんなさんはやっぱりショコラ。

ベリーパフェ
ごほうびパフェです!

ベリーがたっぷり。
凍ってます。歯にしみたけど。

アイスと生クリームは甘さひかえめなので、もたれません。
下のほうからは、スポンジが出てきます。

酸っぱいベリーとほんのり甘いアイスと生クリームとあまーいスポンジの組み合わせ。
おいしー!!


ショコラパフェ
ピンボケのショコラパフェ。

こちらは上品なショコラ。
カットされたガトーショコラとチョコレートアイス。
あ~、また食べたいです。

パフェと一緒にコーヒー
私はコーヒー。
だんなさんはアールグレイを一緒に注文しました。

ゆったりした時間が流れていて、贅沢なおやつでした。

パフェとドリンクで結構いいお値段になりますが、ごほうびですから~
また何か特別な日に来たい場所です。

次はキャラメルがいいな。


オガナの入り口
  ★patisserie salon ogana(パティスリーサロン オガナ)★

  札幌市中央区円山西町8丁目4—26
   TEL 011—303—6495
    PM2:00〜PM11:00 (LOPM10:00)
    定休日:水・木




中は撮影禁止と紹介されているブログもありましたが、
お店の人に聞いてパフェの写真を撮らせてもらいました。


チェリーメリーは、札幌市北区北17条西3丁目21 です。
こっちもまた行きたいな~



走ると食欲が倍になります。そして、食べます。
だから、やせないんだ。単純なことでした。

食べたいなら走る=運動しかないんですね。
走るのをやめたら、大変なことになりそうです。

よし!涼しくなったし、またジョギングしよーっと。


長いマラソン日記を書き終えて、最後に、感じたこと、自分の反省点などで締めくくります。


北海道マラソンは、今年からコースと制限時間が変更になり、
市民ランナーの参加者が増えました。
今までは、制限時間4時間ということで、かなりレベルの高い市民マラソンでしたが、
制限時間5時間に緩和され、いつまでも初心者ランナーの私のような人も
エントリーできるようになりました。

走ってみて感じたこの大会の魅力は、なんといっても、
トップ選手と同じ道を走り、途中折り返してから、出会えること!!
私はミーハーなので、ずーっと道の中央寄りを走って、トップ選手を眺めながら走りました。
自分も走っていますが、マラソン観戦をしている感じがして楽しかったです!

コースも魅力のひとつ。
テレビ塔をみることもできるし、いつもは車しか通れないトンネル内を走ることができます。
中間の新川通は果てしなく続きますが、それを抜けると緑のキャンパス北海道大学構内へ。
メインストリートの南端には、クラーク博士が待っています。
札幌観光でははずせない道庁赤レンガ庁舎を通って、大通公園がゴール!
時計台は、ゴールから近いので帰りに寄り道すれば、自分の足だけで札幌市内観光できますね。
変化に富んだ素晴らしいコースだと思います。


残念だったこともありました。

それは、ゴミ。

給水でもらった紙コップが道路に散乱していました。
多くの大会で見られる光景ではありますが、今回のマラソンはゴミ箱がほとんどありませんでした。

マラソン大会といっても、ポイ捨てはやっぱり気がひけるので、
いつもはゴミ箱に捨てるようにしています。
私は1秒を争うレースではなく、完走を目的としてマラソンに参加しているので、
ゴミ箱に紙コップを入れる時間はあります。

今回の前半はゴミ箱・ゴミ袋を見つけることができませんでした。
だから、パワージェルを飲んだあと、ウエストポーチに入れることを考えつつも・・・
紙コップの中に入れてたたんで道路に捨てました。すみません。

後半は、水テーブルの終わった所や、テーブルとテーブルの間に袋を見つけたので、
そこに捨てるようにしました。

北海道マラソンにゴミ箱を設置してもらおうプロジェクト」と題して、
ブログで呼びかけを行っている方の記事を貼っておきます。

私も、ゴミ箱に捨てたい人は捨てれるようにゴミ箱を置いて欲しいなと思いました。
後片付けをしてくれているボランティアの方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
逆に、ボランティアの方の負担が増えるという意見もあるようですが。
みんなが気持ちよく楽しめる大会になるといいですね。


個人的な反省と良かった点。


■反省点

・直前に風邪をひいてしまった。体調管理の大切さを感じました。

・ストレッチをほとんどやっていない。疲れが溜まってしまった。←風邪の原因?

・体重が減らない。。。食べ過ぎ?

・ラストスパートしなかった。


■良かった点

・平日走ることができた。

・貧血対策のヘム鉄のサプリメント。息が上がらなかった。

・コースの試走。イメージを持って走れることができた。

・歩かなくても給水できることがわかった。



次の予定は今のところありませんが、雪が積もるまで少しずつ走ろうと思います。

走ってもなかなかヤセないのですが、走っていなかったらどうなっていたんでしょうね。
継続は力なり。続けることが大切ですね。






北海道マラソン2009完走記~前編からの続きです。UP遅くてすみません。。。


中間地点を過ぎても、まだ元気でした。
一度だけでも、30km走をしたおかげでしょうか?

そして、新川通は何度か走ったコース。
折り返し地点までは、新川をはさんで奥に見えるマンション郡を目印にして走りました。
あのマンションを超えれば、折り返し地点だ!

25km 2:36:11  (31:52)

太ももの横がだんだんはってきました。
給水では、アミノバイタルプロを補給。
アミノ酸が効いてくれるいいな。


少し走ると、折り返し地点が見えました。

折り返し地点のポール?にタッチ。よし!後半だ~

少し走るとだんなさんがやってきてすれ違いました。
「がんばろーね~」

折り返してからも、反対側を見て「吾さん来るかな~」と探しながら走りました。

すると・・・吾さん発見!
「がんばりましょーね~」
とあいさつしてそれぞれの道へ。
会えてよかった!


疲れてきたし、足も重くなってきたけれど、心は元気満タン。
走りに体が慣れてきた10kmから、30kmまではもう楽しくて楽しくて。
これが、ランニングハイっていうのかなぁ。
とにかく楽しい!
「今私は憧れの北海道マラソンをランナーの一人として走っている!」

そして、毎回マラソンで感じるのは、終わりに向うことの寂しさ。
(って、まだまだゴールは遠いのに、ふと寂しくなるんです)

練習では、「今日は20km走ろう」って思って練習すると、頭は20kmがゴールになる。
だから、20km走った後、フルはこの倍以上かぁと絶望する。無理無理無理と。
でも、大会では違うのです。
21kmの中間地点を越えても、「よし!後半だー」って考えることができる。

脳が体を動かしていると感じるところですね。

今日のゴールはまだ先だよって指令を出したから、体はそれに答えたんだと思います。

タイムは、練習量が大きく影響するけれど、
ゴールするかしないかは、気持ち次第。
今日のゴールは、42.195kmだよって体に言い聞かせて、ひたすら前へ前へ進みました。


新川通りはまだまだ続きます。やっぱり長かった。


28km過ぎの打ち切りポイントでは、何台もバスが待機してました。
コワイ、コワイ。逃げろ、逃げろ!



30km 3:09:43  (33:32)


そろそろタイムも落ちてきた。
でもまだ1km7分かかっていないペースで走れている。
給水で、3つめのパワージェルを補給。
ここで初めて給水で歩きました。
パワージェルを飲み終えたら一度ストレッチ。
残り12km、行ける!

行きに応援してくれたピラティスの先生を発見。
今度は私から声をかけました。
先生とハイタッチ。
行きも帰りもいてくれて、何時間いたんだろう。
ピラティスで鍛えているはずのコアを意識してみる。
走るにも大切なコアのチカラ。
きっとピラティスが今日の走りを支えてくれてるんだ~



35km 3:45:59  (36:16)

30km過ぎの給水で歩いて、さらにストレッチしたせいで、
36分かかっていました。でも、気にしない。

残り7km。
このまま行けば、4時間40分以内にゴールできそう、という気持ちと、
あ~、あと50分くらいで終わっちゃうんだ~という寂しい気持ち。

いよいよ、北海道大学へ。

緑のトンネルが迎えてくれました。
よく練習したメインストリート。
何度も往復したな~。
そして、学生時代を過ごしたキャンパス。
教養の建物、図書館、工学部、ひょうたん池・・・と進みながら、
懐かしい思い出にふけっていたら、40km地点でした。


40km 4:21:27  (35:28)

先輩が2度目の応援。
朝、40km地点で応援します、とメールもらったけれど、
ここまで来れてヨカッタです。

ラスト2km!
最後の水をいただきました。
たくさんのボランティアの方が一斉に水を差し出してくれて、
どれをもらおうか迷ったくらいです。

南門を出て道庁赤レンガ庁舎へ。

前を走っていた人が携帯で写真を撮っていました。
札幌観光を兼ねてのマラソンですね。

最後の打ち切りポイントを越えると、和太鼓が応援してくれました。
何時間も太鼓をたたいてくれているのかな?
本当にうれしいです。


大通に出て右折すると、ゴールが見えました。
すると、名前を呼ばれました。
もうすでにゴールしているメンバーとおととしNAHAマラソンが初マラソンだったSさんが
一緒に応援してくれました。


GOAL  4:36:   (15:32)

4時間36分でゴール!!!

最後は控えめにガッツポーズをしてみました。
こんなにいいタイムでゴールできるなんて思っていませんでした。
7月と8月がんばった成果かな。

8月は大会の距離も含めると、なんと!人生初の200km超えです。

野口みずきさんの言葉「走った距離は裏切らない」

本当にそのとおりでした。


そして、大好きな高橋尚子さんの言葉
「とっても楽しい42.195kmでした」

札幌に来ていたQちゃん。
どこかで会えるかな~なんてワクワクしながら走ったら、
楽しく完走することができました。


走るって楽しいです。
苦しさよりも楽しさが勝ります。

走り始めた頃は、15分も走れなかった私が、5時間近く走れるようになりました。
歩くことができるなら、走ることもできるはず。
少しでも走ることができるなら、誰でもマラソンにチャレンジできると思います。

無事完走!

長い日記ですみません。
ありがとうございました。

だいぶ、筋肉痛は治まりました。
一日ゆっくり休んだからでしょう。

北海道マラソンの日記が続きます。

録画しておいた北海道マラソンの様子を観ました。
一日前に走ったコースなのに、かなり前の出来事のように感じました。

女子で優勝した嶋原さんの走る反対側の人混みランナーの中に
私らしき人を見つけてうれしくなりました。
同じ場所を走っていたんだ!って。


今後の参考のために記録を残しておきたいので、前半と後半に分けて
レースを振り返りたいと思います。


まずは、5kmごとのタイムです。
25km以降ずるずると遅くなっていくのがよくわかります。
でも、私としては、5km35分ペースでギリギリゴールを想定していたので、
前半の1km6分ペースが奇跡でした。
本番に強いタイプ??


(スタートロス 約2分 Eブロック)
5km  32:33   
10km 1:02:34  (30:01)
15km 1:33:18  (30:44)
20km 2:04:19  (31:01)
中間点 2:11:19
25km 2:36:11  (31:52)
30km 3:09:43  (33:32)
35km 3:45:59  (36:16)
40km 4:21:27  (35:28)
GOAL  4:36:--  (15:32)


続いて、給水、栄養補給、体調の変化などを。
完走記といえるほどのものではありませんが。。。

⇒⇒⇒続きを読む

MOON

Author:MOON
北海道で暮らしています。
でも、寒いのが苦手です。
旅行と山歩きと散歩が好きです。
おいしいものを食べることも好き。
2010年長男出産。
2015年次男出産。
最近は、のんびりペースで子どもとの日々をつづっています。

 

All About COCOMO



All About スタイルストア
All Aboutスタイルストア

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。