あるいてゆこう

歩くのが好き。ゆっくりが好き。マイペースにあるいてゆこう

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八戸での結婚式の翌日は、レンタカーを借りて仲間とドライブ。

まずは、八戸の朝市へ。

八戸の朝市
ホテルでしっかり朝食をとってしまった私は、みんながおいしそうに食べるのを見学するのみ。。。
だから、私は食べていませんが、写真を撮らせてもらいました。

魚介類を焼いて売っていますせんべい汁
魚を焼くいいにおいが・・・
せんべい汁は、八戸名物です!

つゆ焼きそばソースと魚のだし汁
つゆ焼きそば。
ソース味の焼きそばに、魚のだし汁をたっぷりかけていただきます。
あっさりしただし汁がソース味になってました。なんだか不思議な食べ物です。


朝市を楽しんだ後は、十和田湖方面へドライブ。
各地より持ち寄ったお菓子を食べながらのドライブです。
赤福うなぎパイ
赤福は三重県ですが・・・名古屋在住N氏のお土産。
うなぎパイは静岡県ですが・・・神奈川県在住のF氏のお土産。
なんか微妙にご当地じゃないところがおもしろかった。

私は札幌在住ですので、もちろん北海道のお菓子を持っていきました~
六花亭と美冬ときのとやのアイラブ北海道
みんなが美冬を知らなくて、ちょっと驚きました。





ランチは、十和田市の農園カフェ日々木へ。

ステキなカフェでした!

農園かご盛りランチ。
日々木かご盛ランチ
これで1000円とは、驚きです。食後のドリンク付です。

鶏肉照り焼きマーマレード風味ニラじゃが餅

洋風茶碗蒸し食後のコーヒー

この日のメニューは、

鶏肉のマーマレード風味照り焼き、ニラじゃが餅、もやしのナムル、ごぼうの甘辛煮(煮卵添え)、
旬彩サラダ、汁物(桜風味のすまし汁)、漬物、デザート

とってもやさしい味付け。
大満足のランチでした。

ゆっくりゆったりできるお店です。
日々木店内1日々木店内2
この春改装工事をして、4月8日にリニューアルオープンしたそうです。

陶器を展示販売農園カフェ日々木
農園では、ブルーベリーやカシスが植えられていて、収穫の時期にはブルーベリー狩りもできるようです。

なんと!カシスの苗木をいただきました!
先日、だんなさんの実家の庭に植えさせてもらいました。
将来、新居を構えたら移植したいと思います。いつだろう・・・?


  ★農園カフェ日々木

   青森県十和田市大字相坂字高見147-89 
    TEL 0176-27-6626
    午前11時~午後5時半 
    定休日 水曜日 







スポンサーサイト
今頃になって、シルバーウィークを再度振り返っています。


福島の宿をふたつ。

連休の真っ只中のため、1週間前に探してもなかなか見つかりませんでした。
安宿情報本の「とほ宿(10年前くらいのもの)」で調べて、電話したら予約がとれたのが、旅館藤金

1泊素泊まり 4200円でした。


竹久夢二も宿泊したという老舗の旅館。
なかなか味のある旅館でした。
旅館藤金1旅館藤金2

部屋から見える中庭

部屋は、6畳で一番狭い部屋でしたが、快適に過ごすことができました。
部屋がとても清潔だったのがよかったです。

   以前、素泊まり3000円代の宿に泊まって後悔したことがあったので、
   素泊まり料金は、4000円以上を条件にしていました。
   コテージとかは別ですが。
   藤金旅館は、通常は3800円のようですね。
   ここなら大満足です。
   那覇では、3段ベッドで1泊2500円だったかな?ここも安くてもよかったな。
   値段だけでは判断できないところが、安宿選びの難しいところです。


福島市に泊まる機会があったら(あるかな?)、またお世話になりそうです。

正面の写真を撮り忘れたので、詳しい写真はWEBでごらんになってください。

旅館藤金公式ホームページ

じゃらんnet―旅館藤金

楽天トラベル―旅館藤金


写真:じゃらんnet提供

安宿情報⇒⇒とほネットワーク旅人宿の会


もう1泊は、小野小町ゆかりの小町温泉の廣太屋

廣田屋の玄関廣田屋への道

これまたしぶーい旅館でした。

廣田屋の部屋くるみゆべし


廣田屋の温泉1廣田屋の温泉2
源泉はふたつ。
左が、美人湯。右が、薬湯。
美人湯はアルカリ性のお湯なので、お肌つるつるです。
薬湯ではじっくり体をあたためました。

夕ごはんは部屋食です。
廣田屋の夜ごはん

新米の季節だったので、特にお米がおいしかった!
粒がキラキラ光っていました。
もちろん、おかわりしました。

のーんびりできる宿でした。


⇒⇒小町温泉 廣太屋ホームページ





長旅から帰ってきました~。

盛りだくさんな旅行だったので、振り返るのに時間がかかりそうです。
いや~、楽しい休日でした。しみじみ。


出発したのは、9月19日24:00
苫小牧発八戸行きのフェリーです。

仙台行きに乗りたかったのですが、手配したのが遅くて満席(満室?)でした。
八戸行きは、エコノミールーム(=雑魚寝部屋)だけ空いていました。

      八戸行きのエコノミールーム

八戸港には7:30に到着。
バスに乗って、本八戸駅へ。

本八戸駅高速バス乗り場仙台行き高速バス



駅のパン屋さんで軽く朝食をとってから、仙台行きの高速バスに乗りました。

  高速バスの予約は、発車オ~ライネットを利用しました。
  大阪にいたときは、水戸の実家に帰るのに、よく“よかっぺ水戸号”という夜行バスを
  利用していました。
  夜行バスでは、首枕と耳栓が必需品です。
  今回は昼間便なので、持っていきませんでしたが。

仙台には、13:30過ぎに到着。
まだここも通過点。

仙台と言ったら・・・牛タン!

だんなさんおススメの牛タン定食を食べに行きました。
(前職の出張で仙台に来たら、よく寄っていたそうです)

真助というお店です。

小さな店なので並びました。
牛タン定食を注文。

牛タン定食


牛タン
分厚いタンでした。
こんなにしっかりした牛タンは初めてです。

テールスープ麦ごはん
牛タンには、テールスープと麦ごはんが定番なんだそうですね。

ごちそうさまでした。


もうひとつ、仙台と言ったら・・・「萩の月」

仙台駅で、萩の月6つ入りを購入。
1つずつ食べてあとはおみやげにしようという計画でしたが・・・・
おみやげにはなりませんでした。。。

萩の月の箱ふんわり萩の月

相変わらずの過剰包装ですが、たまごの香りがしてふわふわです。
 
  包まれて やっぱりおいしい 萩の月

まったくセンスがありません。。。



仙台駅からJR東北本線で福島駅へ。

   福島行き


この日の宿泊地の福島には4時半前に到着しました。
朝から移動して(・・・深夜からですが~)、すっかり夕方。長い移動でした。


旅は始まったばかりです。
気長に書いていきます。


GWの東北旅行の日記は、これでおしまいです。長旅でした~

帰りは、八戸からフェリーで苫小牧へ。

八戸では、寿司を食べました。
菊寿し
 ★菊寿し★ ⇒食べログの菊寿し
  青森県八戸市大字鷹匠小路6
   TEL 0178-24-5592

苫小牧港に到着後、朝ごはんを買いに、北広島のパン屋さんへ。

麦の香です。

以前、走っていったら、ほとんどパンは売り切れでした。
(前回の記事は、 ⇒麦の香は売り切れ直前!
今回は、平日だし、オープンしてすぐだし、たくさんパンがありました。

麦の香のパン1 麦の香のパン2
一番右のパンは「出会い」というパン。
このパンのエピソードがステキなんですよ。

北海道、私たちの旅 パン屋さんに会いに行く北海道、私たちの旅 パン屋さんに会いに行く
(2008/09)
クナウマガジン

商品詳細を見る

↑こちらの本を読むと、ますます麦の香が好きになります。
パンで出会ったご夫婦の焼くパンたちです。

ハードなパンかと思いきや、やわらかいんです。
不思議なパンです。

どのパンもおいしっかったー。
また行きたいです。

八戸のイトーヨーカドーで、リンゴジュースを箱買いしてきました。

青森県産果汁100% シャイニーアップルジュース赤のねぶた缶195g30本入【コクのある濃厚な味わい】


盛りだくさんな東北の旅でした。

ながーい日記にお付き合いくださり、ありがとうございました。


オンプB2今回の旅のスケジュール⇒⇒GW2009~東北の旅オンプB2





岩手に来たなら盛岡へ。盛岡と言ったら、盛岡冷麺!

お昼ごはんは、盛岡へ。
ガイドに載っていたお店盛楼閣です。

冷麺も有名だけど、ここは、温麺もおいしいという情報が。

冷え性対策の一環として(?)、私は温麺を注文。
盛岡温麺
たくさん野菜が入っていました。
ピリッと辛くておいしいし、カラダがあたたかくなりました。

だんなさんは、冷麺を注文。
人生初の盛岡冷麺なんだそうです!
(学生食堂でしか食べたことがなかったとか)
盛岡冷麺
やっぱりスイカですね。


盛楼閣
 
盛楼閣
   岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5
    ワールドインGENプラザ 2F
    TEL 019-654-8752
     11:00~翌2:00 
     年中無休




盛岡グルメを満喫したので、少しだけ盛岡散策。

行きたい!と主張して、光原社へ。

ここは、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を初めて出版した出版社。

今は、陶器や漆器や布やガラスや・・・いろいろ売ってます。
見ているだけで楽しいお店です。
注文の多い店出版の地光原社の中庭光原社の中庭の賢治さん
中庭は、緑豊かでホッとします。

くるみクッキーがおいしいと評判とのことでしたので、買いました。

作家の村上龍さんや料理家のケンタロウさんなどが
ブルータスの「日本一おいしい「お取り寄せ」はこれだ!」というアンケートで、
光原社のくるみクッキーを選らんだそうです。
光原社のくるみクッキー
素朴な味で、でもバターの香りがしっかり。
くるみとキャラメルの甘さがしつこくなく、いくつでもパクパク食べてしまいそうなクッキーでした。
ホロホロとこぼれそうな、やわらかいクッキーです。

光原社 光原社モーリオ

光原社の向かいには、姉妹店のモーリオがあります。

光原社のある材木町は、いーはとーぶアベニューと言われ、
賢治のモニュメントなどがあります。

材木町の宮沢賢治


盛岡は、学生時代に一人旅(青春18切符の旅)で訪れたことがあります。
材木町も行ったし、盛岡冷麺も食べました。
なんだか懐かしかったです。

もっとゆっくりしたかったなー。
次回は、盛岡に泊まろう!


オンプB2今回の旅のスケジュール⇒⇒GW2009~東北の旅オンプB2



MOON

Author:MOON
北海道で暮らしています。
でも、寒いのが苦手です。
旅行と山歩きと散歩が好きです。
おいしいものを食べることも好き。
2010年長男出産。
2015年次男出産。
最近は、のんびりペースで子どもとの日々をつづっています。

 

All About COCOMO



All About スタイルストア
All Aboutスタイルストア

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。